2012年10月18日

子供達のために?



   12日は、小学校の ふれあい農園稲刈り でした


   6月下旬に植えた稲の刈り取り







   農業博士の説明を聞いて、いざ田んぼへ 







   刈り取りの姿みていると、子供達の個性が判りますね 
icon53




   icon130 隣の子と競争して、形振り構わずがむしゃらに刈る子

   icon187 農業博士の説明どおり、根元をしっかり揃えて、丁寧にマイペースで刈る子

  icon188  鋸ガマの使い方がわからず、何度も何度もチカラ任せに刈ろうと奮闘している子

   icon134 家の手伝いをしているのか刈るのが上手で、隣の子と見比べてにんまりしている子



   個性様々 icon112










   


   刈り取り終わって、コンバインで脱穀し、藁を田んぼ中に広げて終了 icon100


    楽しんでくれました face03





   ・・・・・・ そう、 いつもの年なら これで日記は終わりなのですが

             今年は、複雑な心境です 





 

   なぜか?





     それは、ふれあい農園稲刈りの前夜、 この小学校の閉校が ほぼ決まったから・・






  現在高校3年生のウチの娘が、小学3年生へ進級する年に

  鶯西小学校と この木屋小学校が統合しました




  統合時は、児童数 150人超えており、 

  まさか10年後にまた統合のすることになるとは思いもしませんでした




  寝耳に水の、統合するって話があるのを聞いたのは、今年になってから


  絶対 『統合』 って話を直接持ち出さない市側と、いきなりの話のうろたえる保護者

  

  雲をつかむような保護者の話し合いが繰り返され、

  統合以外の選択肢がないような言葉無き市側の攻め様に、

  結局、 『 統合、やむをえず 』 の採決がなされました




  そんなに、複式学級って子供達に悪影響なんですか?
     

    私は、小学校6年間 全部複式学級でしたが、中高と落第もせず

      りっぱに社会人として居ますよ・・・他の多くの卒業生たちも・・






  大人数の学級ってそんなに子供達の個性が伸びるんですか?

    先生の目の届かない子達が多く、イジメ・不登校に結びついてないですか






  なんで4校だけで統合なんですか?

    まだ黒木には1校残ってるでしょう、また数年後統合するの?





  なんで狭苦しい古い校舎の小学校へ押し込もうとするのですか?

    耐震工事の済んだ空き教室の多い黒木中学校へ併設した方が、

    中学校への進学時のショックも、スクールバスの経費節減へも繋がるでしょう




  
  なんで統合を急ぐのですか?

    今の木屋小学校は、一番規模が丁度よく、

    子供達も素直で素晴らしいって、新任の先生方も話しておられるくらいなのに





  本当に、子供達のためを思って言っているのですか?

    前回の統合直後の運転の荒いスクールバスの運転手のことや、
 
    子供が少なくなり、スクールバスを小型化して子供達をぎゅうぎゅう詰めにし、

    15分程しかかからない帰宅時間が40分以上かかって帰ってきていたこと、

    教育委員会は把握していたんですか?






  どこか、シワ寄せが全部子供達に圧し掛かっているようで、腑に落ちないことばかり

  在り方委員会で、私一人が恨み節言ったところで、何も変わらなかったけど


  



  統合にかかわる4年生以下の子供さんを持つ保護者さんは、

  これから良く考えて行動していただきたい





  この統合は、子供達のためだけにするのだ っていうことを icon59   face16icon101








 


同じカテゴリー(思いのたけ)の記事画像
買っていただく嬉しさ♪
境界線
ブログって・・
次の世代へ
西から
なかなか難しい
同じカテゴリー(思いのたけ)の記事
 買っていただく嬉しさ♪ (2012-10-25 00:20)
 境界線 (2012-09-04 01:35)
 ブログって・・ (2012-01-14 20:40)
 次の世代へ (2011-11-13 22:13)
 西から (2011-03-31 01:04)
 なかなか難しい (2011-03-19 00:47)

この記事へのコメント
無邪気な子供たちの姿を見ていると・・
大人の勝手都合の先行には、悔し涙が
出そうですね。。

統廃合は、卒業生始め現役の児童たちにも
母校を失う悲しみの思い出の一つとして
残ってしまいます。
でも、逆にだからこそ自分の母校として・・
哀愁や切なさを通り越して、楽しい思い出も
強くたくさん残ることだろうと思います。

時代の流れだと言ってしまえばそれまでですが、
マイナスもプラスに変える純粋なパワーを持つ
子供たちの未来を信じていきましょうか☆☆
Posted by anego at 2012年10月18日 10:35
   ☆ anegoさん

そこなんですよね
子供達の気持ちは全く無視して、大人だけで決めてしまうことに流されて・・

本当に大事なのは何なのかが、曖昧なまま話だけ進められていくことに矛盾を感じます

今は、もう子供達の未来を切り開いていくチカラを信じたいです
Posted by ポテトポテト at 2012年10月25日 00:33
全ては行政目線。

エコ、経費節減、都合のいい言葉で丸め込まれて行く。
効率よく、有効に税金を活用する為に…などの言葉を武器にね。

子供たちのため?
お前らの仕事の為、やないと⁉

市は県に、県は国に、逆らえない構図が見えてくるよ。

ちゃんと、子供、地域の目で見てもらいたい!
Posted by Ryou at 2012年10月29日 01:05
   ☆ Ryouさん
何だかね~
過去の検証もナシに統合ばかり進めて、統合後は知らんぷり、
担当者は、すぐ人事異動で責任の所在もあやふやっていうのが、お役所仕事の一番気にくわないところです

地区から、子供達の声が聞こえなくなるっていうのは、じつは大問題で、若い人は子供出来たら、学校の近い街中に引っ越していくので急速に過疎が進んでくるんですよね
保護者が意見集約する遥か前に、区長会も統合に賛成してたんだよね

この国の人は、自分の首を自分で絞めてるっていうのが、よくわかってないように思います
Posted by ポテトポテト at 2012年11月01日 23:07
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。