2011年07月21日

昔むかしの話

 
  ウチの地区にある弓掛津江神社

今年の10月に850年御神紀大祭が行われる予定ですicon97



 ※写真は修復前のものです


御祭されているのは、
  伊弉諾尊(いざなぎのみこと)  伊弉册尊(いざなみのみこと)  国常立尊(くにとこたちのみこと)


創建、 嘉応元年(1169年)



 黒木中学校の東側、城山の頂上にかつてあったという猫尾城の初代城主 黒木大蔵大輔(クロギオオクラダイフ) 源助能(ミナモトノスケヨシ)公が豊後の領主 大友家より謀叛の疑いをかけられ、豊後津江の山浦に閉じ込められます

 このとき、助能公が津江の神に願を掛け祈りました 

  「再び猫尾城へ戻れたら、津江の神を黒木に遷し奉る」 と・・

 やがて疑いが晴れ、猫尾城に帰城された助能公でしたが、神との誓約を忘れ月日を過ごしていました

しかし、南に山に怪しい光がさしたり南山の麓に物音がしたりと不思議なことが続いたある夜、
助能公は夢で津江の神より誓約を守っていないことを言い聞かされます

  これに驚いた助能公は急いで社を作りました

   それが、弓掛の津江神社だそうです


猫尾城より10キロも離れたこの地に、そんないわれのある津江神社があるなんて不思議です




 そういえば、先日、桜子さんが来られた時にも ちょこっとお話したんですが、

イザナギノミコトとイザナミノミコトの話、

ギリシャ神話のオルフェウスとエウリュディケーの話と一緒じゃないかなicon60




  死んでしまった妻を忘れられず、死者の国へ取り戻しに行きますが、

  地上に着くまでに振り向いちゃいけないという約束を守れず、

                  振り向いてしまったために決別してしまう・・・




     遠い遠い離れた場所で、ともに受け継がれてきた神話の共通点





                何か不思議ですicon12 face16





同じカテゴリー(地域)の記事画像
姫御前岳を訪ねて
受け継がれて行きます☆
今年も稲作始めっ!
檻の中
雨のJAフェスタ
「 アンタ、ダケヨォ~! 」
同じカテゴリー(地域)の記事
 姫御前岳を訪ねて (2013-08-07 00:48)
 受け継がれて行きます☆ (2013-07-20 01:50)
 今年も稲作始めっ! (2013-06-13 00:24)
 檻の中 (2013-02-12 00:00)
 雨のJAフェスタ (2012-12-16 00:13)
 「 アンタ、ダケヨォ~! 」 (2012-11-11 23:29)

この記事へのコメント
お~
実は桜子もちょこっと調べたんですが…
簡単にしかかいてありません。
謀反の疑いが解けた助能公が黒木に津江神社を建立して
そのときに植えられたのが現在の大楠だとしか書いてありません。
ポテトさんの地区のあの津江神社は出てこないのです…

あんなに素晴らしい天井絵があるのに。
これはたぶん郷土史を研究されている方などに聞くしか
ないのでは…

うずうずしますね~
Posted by 桜子 sakurako at 2011年07月22日 09:32
もう一つ…
いざなぎのみこと、いざなみのみことの話は
子供心に強烈でした。
黄泉の国まで迎えにいったのに
妻のすさまじい姿を見てしまった夫。

夕鶴の話も見てはいけないお話ですよね(笑)
戒めてきな物があるのでしょうか。

関係ありませんが…
強烈だったお話に「はごろも」の話があります。

舞い降りて水遊びをしている
天女たちがあまりに美しくて
いたずらではごろもを隠して
天女を妻にした男性の話です。

最後ははごろもをまとって天に帰っていく妻ですが
ハッピーエンドで終わらないお話って結構ありますよね。
Posted by 桜子 sakurako at 2011年07月22日 09:38
豊前の国には死んだ両親に会いに行った子供の神様が追いかけられて
水に潜って逃げた話もあります。
山幸彦が無くした釣り針を探しに行って恋をし子供ができます。
洞窟の中で産むのを見てはいけないと言われ、見てしまいます。
さめの様な魚だったそうで恐くなって山幸彦は逃げます。
見られた姫は妹を乳母ににして子供を育てます。
その子が・・・・。
Posted by すみれ at 2011年07月22日 17:02
すみれさん!
その子がなんですか!!(わらい)
Posted by 桜子 sakurako at 2011年07月22日 17:59
そのこが○○天皇様だそうです。
古事記の世界です。
見た事の無い世界です。
断言出来ませんので・・・。
Posted by すみれ at 2011年07月23日 09:39
   ☆ 桜子さん
神社、一説にはウチの地区の方が建立が数年早いっていう説もあるんですが、
詳しくは私もわからないです
何故ふたつも、違う場所に建てなければならなかったのか?
しかも、猫尾城から離れたこんな山奥に・・・
天井の絵の意味は?・・・いつ頃誰が描いたのか?
謎は深まるばかりです?(・・?

イザナギ&イザナミ、オルフェウス&エウリュディケー
どちらも強烈ですね
でも最後は正反対かな
オルフェウスは、それでも妻を忘れられず、言い寄って来る妖精達の誘いを断り続け、最後には激怒した妖精達に身体を八つ裂きにされて川に捨てられてしまいます
 ・・・ちょっとかわいそうかな・・でも死んだのでエウリュディケーには会えたはず

神話や昔話でも『死』は越えられないものとしてハッキリ描かれていますよね

覗いてはいけないもの・・・戒めかな 
現代では携帯電話のメールとか・・・(^_^;)


   ☆ すみれさん

え~~~っ!!!
誰なんですか??? 気になるぅ~(@_@;)
Posted by ポテトポテト at 2011年07月24日 20:39
   ☆ すみれさん

見つけました☆
山幸彦の奥さんは『トヨタマヒメ』↓ですね! そして生まれたのは・・・(^^)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%83%92%E3%83%A1
Posted by ポテトポテト at 2011年07月24日 21:53
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。