スポンサーサイト

  
Posted by スポンサー広告 at

2012年05月21日

プルーンおばさん

   ちょっと自己嫌悪中 icon15


   先日、人前で悪口言って、感情ぶちまけてしまいましたicon05




      もう、忘れていたと思ってたけど、やっぱ今でも許せないんだ・・




                自分でも びっくり







  父が入院していた頃のこと


 たくさんの方にお見舞いに来てもらいましたが、

 頻繁に来る親戚のおばさん2人組がいました



 
  その2人の目的は・・



   「 これば、飲ませんの!  絶対良くなるけん! 」


   「 私も良くなった! 100万円分も買うて飲んだなら良くなる!! 」



  ミ●プルーンの押し売り・・


  頻繁に来て、病に苦しんでいる父の枕元で、こればかり・・

   
  他の患者さんがいても、お構いなし


  
        「 もう、来ないように言え・・ 」

うんざりした父が言ってると聞いた私が、文句言いに行ってこようかと言うと



    「 良くなってほしかけん、勧めに来らすとやろけ・・ 」


  母に引き留められる始末


 
       でも、事はこれだけで終わらなかった



  別の親戚、父の弟妹から 突然電話が・・



   「 聞いたよ!icon101 良か薬のあるでなやねか!  何で買ってやらんとかっ!!icon08 」

   「 100万円ぐらいで良くなるなら、買うてやるとよかやね!!icon08 」


  いきなり親不孝者扱い






   感情的になっている叔父叔母に 薬なんかじゃなくプルーンを売りつけようとしていることを話し、


   事の詳細をやっとわかってくれて、 


   叔父叔母も 呆れて電話を置く頃には、 私のハラワタ煮え繰り返っていました






  たかだか、健康食品のミ●プルーンくらいで完治するんやったら、

  どんな嬉しかことか!

  そんなんで治るくらいなら、
  
        病院なんて要らんし、死ぬ人おらんわい!!








各個人が、健康食品気に入って使う分には構わないと思います

でも、あることないこと大袈裟に言って人の弱みに付け込んで けしかけるのは最低の行為ですicon77




      本人の思いを無視し、家族の心痛もわからない行為はなおさら・・







  父の死の数年後、


  その2人組の おばさんの一人が、父と同じ病気になりました







   ホントは行きたくなかったけど、母に諭されて 見舞いに行った私が見たもの







        病室の隅、カーテンとシーツで隠された 大量のミ●プルーン







   そのおばさんは、100万円分食べたのかどうかはわかりませんが、




          私が、そのおばさんと会ったのは その時が最後です



 


    その後、もうひとりのおばさんからは、プルーンの話は聞かなくなりました









  思わず思い出してしまった昔の話



        もう、この怒りは ここに納めておきます icon114






 





  


Posted by ポテト at 22:06Comments(6)