スポンサーサイト

  
Posted by スポンサー広告 at

2012年05月05日

思い出すことは大事なこと☆

 
 
 深夜、何時くらいのことでしょう、
 
 私は、ふと 寝苦しさに目を覚ましました


 
 
 
 その日は、私は久し振りに1階に一人で寝ていました
母がお茶摘みの手伝いで親戚の家へ泊まり掛けで行き、
長女が一人では心細いというので、2階の部屋と入れ替わったのです
 


 
 ドスッ、ドスッ、ドスッ・・・・・・ 
 

パソコン開いて地域SNSを覗き、青色申告の記帳を終えて寝たのが夜12時半過ぎ・・
疲れてはいたのですが、こんな体験は初めてです

私を突然襲ってきたその振動?は容赦なく繰り返されます
 
  

  
 ドスッ、ドスッ、ドスッ・・・・・・
  


 
身体をひねろうにも、身体がいうことを利かず
声を出そうにも、それもできない
首を少し動かすのがやっとの状態。
  

  
それは、掛け布団の上から寝ている私に馬乗りになって飛び跳ねているようで・・・
 
 
 
やがて、苦しさや怒りが頂点に来た私は、

    「いい加減にしろ!!」

       と、心の中で怒鳴りました
 
 

  すると、ふっと身体が軽くなり、それまで私を苦しめた
  ドスッ、ドスッもなくなり、身体が自由になったのです
 
 


布団から顔を上げて周りを見渡しますが、何も変わった様子がなく普段道理の部屋の中
 
 


      ・・・・・・ これがうわさに聞く 『金縛り』 icon60
 


 
霊感だとか全くないし、第一、非科学的なものはあんまり信用しない私


 ・・・ でも何となく気になるところがあって翌日嫁さんに聞いてみました
 



  ポテト 「5月4日は参った?」

 
  嫁さん 「参ったよ。でも参っただけ、お菓子は買ってこれんやった。」
 

  ポテト 「・・・すっかり忘れとった・・・」 



 
 
5月4日は、この世に産まれ出ずることが出来なかった私達のもうひとりの子の日です。

父亡き後、授かったのですが この時期仕事で無理をしたせいか・・・
そんなことがあった次の年から仏壇にお菓子を供えていたのですが
この年は超多忙で出来ず、しかも私はすっかり忘れていたのでした。
 


 
  「遊んでもらおうと、きてたんじゃない」

 
 
確かに、嫁さんのいうとおり布団の上に馬乗りになって子供が はしゃいでいる感じでした。
ちょうど当時保育園児だった息子くらいの子供が・・・
 
 





 
  あれから4年、



  毎年5月4日になると欠かさず仏壇には子供が好きな御菓子を供えています




 
 
 ・・・金縛りもあれから1度もなることもなく・・
 
 



    思い出すこと、それは大事なことかな~って

    思いながら 今年も仏壇に手を合わせました icon114







 




 
 
   
タグ :金縛り


Posted by ポテト at 01:40Comments(2)