Posted by at

2010年07月19日

青春の1ページに

       今日から、高校生の娘がアルバイトへ行き始めました

 
行く直前には物凄く緊張した様子

   でも、仕事終わって帰宅後に聞いたら


          「別に・・・そげんきつなかったよ」


   ……まちょっと感情表せよ~face13


 
 娘が行き始めた温泉・ホテル・コテージ等々がある保養施設、
 
 じつは私がアルバイトに行った場所でもあります



 


 施設内のゴミの回収・ホテル客室&コテージの清掃・施設内外の清掃・夜の布団敷き…

 仕事をする大変さも 人間関係の複雑さも 淡い恋心も… 

 いろんなことを学んだ場所です






 
 私も母親も何も言わなかったんですが、
 
 先だって受けに行った面接では、

 聞かれる前に自ら自分自身の『個性』について話したということでした


 
 いつの間にか、娘も成長しているんですね 

 
         娘もこの夏、いろんなことを学んでほしいと思います☆
 
 
  


Posted by ポテト at 23:34Comments(5)

2010年07月19日

夏を待たずに・・・

  

   梅雨明け早々、道ばたにアブラゼミの亡骸が・・・




 やっと梅雨あけて、今からがセミ達の季節だろうに・・・


ちょっと調べてみたら、セミって昆虫の中ではかなり寿命が長く
アブラゼミは土の中で6年過ごし、成虫になってからも地上で1ヶ月ほど生きているんだそうだ

子供のころは 「セミは地上では2週間ほどしか生きられない可哀そうな昆虫」ってイメージが強かったけどそうでもないらしい




  ギラギラした太陽の光の中を飛ぶことは出来なかったのかもしれないけど

  このセミは、鳥に食べられたりすることもなく

  静かにその一生を終えたんだと思うと、なんだか愛おしくなった
 
 
  


Posted by ポテト at 12:58Comments(4)